ERROR: NOT PERMITED METHOD: header ERROR: NOT PERMITED METHOD: footer

2014年10月12日

移転〜

いろいろ、運営考えてこのブログから移転することにしました。
これまでのプライベートの日記は親ページである http://www.lucifer-to.com/
サーバーとかパソコン関係は裏の顔であるこっちへ http://www.to-software.net/

このブログ自体は残しますが、移転先もよろしくお願いします。
posted by るしふぁ。 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月29日

OSのバージョンアップしないとね

さて、久々にブログ更新。
会社のサーバー OS に ubuntu を使ってるんだけど 10.04 からそろそろ 12.04 にアップしなきゃなぁと思いつつ忙しくて手がつけられず…。今に至る。
んで、動かないことには作業進まないんで少しずつ準備を開始することに。

手順は、自分のPCで予備サーバーを立ち上げて、そちらへ仮に移行したあとメインのバージョンアップを実施する計画で。
いっそのこと、このバージョンは予備サーバーをメインにするという手もあるんだけど自分のPCなので予備は予備ということにした。

まずは OS のインストール。
isoイメージダウンロードして usb に展開するソフトを使用して USB 起動ディスクを作成。
あとは USB 起動でインストール開始。
質問に答えていって ubuntu server 12.04 64bit のインストールはあっけなく終わった。

ここまでは別に問題も無かったんだけど、
あるとしたらインストール時に日本語を選択したからコンソールの表示が日本語になり、
メッセージがトウフになってよめねぇってことぐらい。
これは過去からずっとあるみたいだね。
現行サーバーは gui が入れてあるので文字化けは関係なかったんだな〜。
今回は gui 無しでチャレンジ、なので気になるんだけどそのまま放置。
LANG を変えるかすればいいんだけど ssh ログインして操作しているのでこれだと文字化けはないからね。

gui は入れてないけど webmin は入れた。やっぱりまだサポートツールはほしい。

今回のサーバー構築目標。
今回こそは subversion 立ち上げるぞ〜。お〜。(でも、おそらく使うのは自分だけだけどね)

とりあえず作業開始ぃ
posted by るしふぁ。 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社Serverどたばた日記

2012年02月28日

Server じゃないけどクライアントのWindowsXPで問題発生。

だいぶ前から起動するときにエラーが出るようになっていた。
エラーはこれ。「プロシージャエントリポイント _except_handler4_common がダイナミックライブラリ msvcrt.dll から見つかりませんでした。」

検索したら出るわ出るわ。
Vista 以降で存在する DLL が紛れ込むとこのメッセージが出て起動できないらしい。
検索すると、「 dwmapi.dll を削除したらいいよ。」とのことらしいが自分のPCではこのファイルがない。
Realtec のエラーは ATI のドライバをインストールすれば…だったかな。そんな別の方法もあったがこちらも該当しない。
エラーが出ているのは Realtec の RTHDCPL.EXE と HelpCtr.exe の二つ。それに、この二つが開かないという人もちらほらいるみたいだったが、復元ポイントで戻れば直ったという解決なので自分の場合は、いつインストールしたか分からないからこの手を使うわけにもいかない。
Realtec はうっとうしいけど無視して問題はない。しかし HelpCtr.exe の方ははヘルプが見れないから無視するわけにもいかない。

さてどうしようかといろいろ調べてみるがよく分からない。DLL のエラーなんだから、ソフトが使っている DLL を調べられないかと思い検索すると、Dependency Walker というソフトがあることを発見。
場所はここ http://www.dependencywalker.com/
これは、アプリがどのDLLを参照しているかを解析することができるソフト。便利なものがあるじゃん。
ということで、起動して試しに自分自身を指定すると、おっとエラーだ。パス名が文字化けしてる。C:\work\ みたいなところに移動したら問題なく解析できたので、解析したいアプリのパス名に日本語が含まれるとエラーになるようだ。

うまく調べられそうなので、まずは Realtec の RTHDCPL.EXE を調べてみることにした。
おいおい、エラーの出るパソコンで起動したらこいつもエラーでるんかい。同様の「プロシージャ…」のエラーは出たが動作してるようなので気にせず解析開始。
ふむふむ。 HHCTRL.OCX から呼び出している MSVCRT.DLL, KETNEL32.DLL, MPR.DLL あたりでエラーが出ている???。
後は、IESHIMS.DLL と WER.DLL が見つかりませんと出ている。
とりあえず、タイムスタンプの確認をしてみることに。
同時購入した同型のパソコンがあるのでそちらの System32 フォルダの dir リストと 今回のNG が出るパソコンのsystem32 の比較を取ってみた。
そうすると、いくつかタイムスタンプが違うファイルを見つけたがファイルが古くなっているものを発見。その中に HHCTRL.OCX が含まれていた。
こいつか、ということでこのファイルを正常なPCのファイルで差し替えてみると RTHDCPL.EXE 起動時のエラーは消え無事起動した。やった。直った〜。

さて、HelpCtr.exe はどうだろなっと。エラー「プロシージャ…」こっちは変わらなかった orz。相変わらず起動せず。
このファイルを解析してみたがおかしそうなところは見つからず。となると…。
おかしかったときの HHCTRL.OCX とタイムスタンプが同じものが一つ (itss.dll) と、それより古いのが一つ (itircl.dll) あったな。
とりあえずこの二つのファイルも差し替えてみることにした。
そうすると、HelpCtr.exe も起動した〜。やったね。
で、念のため Dependency Walker をかけてみた。相変わらず IESHIMS.DLL と WER.DLL が見つかりませんと出ているが、とりあえず起動しているので無視しよう。
ちなみにこのファイルは Win XP には存在しないものらしい。

ということでとりあえず問題はこれで解決したかなと思われる。
よかったよかった。
ちなみにどうしてこうなったかは、たぶんオーディオのコーデックあたりをドカドカっと入れた頃に出始めたような気がするけど、はっきりしたところは今となっては不明です。

posted by るしふぁ。 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社Serverどたばた日記

2011年11月04日

バイク教習・その後〜普通二輪免許申請〜

バイク教習も終わってあとは免許の申請に行くだけということで、
教習は大阪の弁天町に行っていたのだけど
住民票は京都なので、伏見区の運転免許試験場へ。京都北部からは遠いぞ〜
京都北部にも試験場作ってくれい。と思うのは自分だけなんだろうか。もしくは真ん中辺りに。
どっちにしても運転免許試験会場には行かないといけないんですが。
他府県の教習所に行くと卒業時にもらえる資料が違うんですよね〜。だから自分で確かめないといけない。

で、伏見の試験会場に行くことに。
とりあえず車で行くと渋滞に巻き込まれるとと思ったので電車で行くことに。
駐車場もあることはあるけど奥のほうまで見てないのではっきりわからないんですが結構いっぱいでした。
バイク駐車場もありました。こっちはまだまだ余裕あり。
とりあえず、見た感じ車は避けたほうが良さそうです。
JRで行ったんでJR長岡京駅で下車。阪急なら長岡天神で下車です。
で、12系のバス(試験場前行き)に20分ぐらい乗って試験場には到着です。

学科受ける人は8時30分頃から受付みたいなのですが、自分は普通免許持ってるので10時からの受付でした。
受付の流れは、
窓口で申請書をもらって名前などを記入し写真を貼って受付へ。
ここまでを少なくとも11時までに終わらせることになります。
次に2000円の印紙を買うことに。
印紙を買ったら視力検査を受けて、再び受付へ。
それが終わると免許がICチップ化してるので暗証番号発行してしばし待機。
時間が来ると一人ずつ名前呼ばれるので台紙を受け取って記入事項を確認。
ともう一回印紙を買うことに、今度は2100円。と安全協会にお金払う人は払うことになります。
そして写真撮影を行ってまたまたしばらく待機。
これまでの手続きは、だいたい11時50分ぐらいに終わる。
免許交付は13時20分から。なので、この間にお昼ごはん食べた。おにぎり持ってきてたから。
一応パンの自販機はあったけど、近くに売店とかなさそうだから、バスに乗る前になんか買っておいたほうが良さそうです。
待ってる間に外を見ると実技の人が試験コースを歩いて回っていた。コース覚えなきゃいけないからね。
で、時間が来て免許交付に。学科試験会場にて受け取り。
事故が多いから注意しましょうと、話が数分あって受付番号10番までとか番号呼ばれるので受け取ってから、免許証を最終確認して無事に終了。
ここまでで13時30分過ぎでした。
このあとバスが10分ぐらい待ったら来るので受け取った免許証を確認して問題なければバス停へ急いだほうがいいかもね。

免許証を受け取ってびっくり。ICチップ化してるので免許証が分厚くなって丈夫に。それと、免許条件にいっぱい書かれてる〜
自分はこれまで、メガネ等とATに限るだけだったんですが、
免許の区分が普通から中型ってのに変わって、条件も中型は8tまでとう言う条件が追加された。
免許とった時期で、 5t までと 8t までの違いが出てるから、はっきりわかるようにしたんですね。
表記の変更は去年から変わったとか言ってたかな。
自分はトラック運転する機会ないんでまあ関係ないといえば関係ないですが。

来年免許更新だったのですが、3年伸びました。
そして、気になるところのゴールド免許はどうなるのか。というところはゴールドそのままでした。
まあ、バイクでゴールドとってる人は車免許を取るとゴールドの初心者マークという不思議な現象が起きるということをネットで見て知ってたけど。
でも、バイクに関しては初心者です。1年間で3点以上の違反をすると初心者教習受けることになるので要注意。ウラ面にきっちり普通二輪免許取得日の印鑑が押されてました。
自分は11月4日までがバイクは初心者区間です。車は別ですが、違反しないことに越したことはないので安全運転心がけます。

それにしても、バイク〜ほしいよ〜。CBR250Rぅ
自分はアメリカンよりスポーツ系が好き。
というか色々調べてるとスーパーカブって2輪のAT限定でも乗れるんですね。知らなかったよ〜。
チェンジついてるからてっきり無理かと思ってた。クラッチレバーないからAT限定でも大丈夫ということらしい。
日産車で言う所のMATみたいなものか。と判断。
でも、とりあえず、卒業割引があるので引き続いて AT 限定を解除に行くことにするかな。
posted by るしふぁ。 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月09日

バイク教習〜14日目〜

バイク教習14日目は卒業検定。
14時から検定開始です。

14時から教室に入って1時間検定について説明を受けました。ゼッケンは黄色4番。
説明は、検定コースの説明。
検定コースは2コースあって普通は1コースを練習してるんだけど黄色ゼッケンは2コースにあたってしまいました。
と言っても、指示速度とスラロームが逆になってるだけなんだけど、1コースは周回回ってからスラローム。2コースはいきなりスラローム走ることに。
開始前からイメージを崩されました。
あと採点方法、検定は減点方式で、実技も重要だけど安全確認が重要視されますとのことでした。

場所を移動して15時からいよいよ検定走行開始。
一般教習の人が走っている中を検定走行です。幸いに赤ゼッケンの初めて乗る人がいなかったのが幸いだったかも。赤ゼッケンの動きが読みづらいから…。
待ってる時の緊張感がこれまたガチガチになってました。で、4番目の自分の順番に。

まず周囲、後方確認して乗車。ミラー調整してエンジンかける。
2コースなのでスラロームから。ガチガチになってたのでバランス崩しそうになりました。とりあえずタイムを捨てて、無難に通り抜けることに。

次は指示速度3速30kmのポンピングブレーキ。ここで、間違えて1速に入れてしまいあれ〜速度でねぇと焦りました。なんとか3速30kmは走れたけどヒヤヒヤでした。

次は交差点を右折しつつぐるっと回ってS字、一本道、クランク。ここは問題なくクリア。
見通しの悪い交差点を通って、踏切。ここまでも大丈夫。

坂道発進でやってしまいました。ガチガチでアクセルワークがうまく出来ず、クラッチをいきなり離してしまいエンスト。なんとかバランス崩して倒れずに対応できたから即停止。似はなりませんでした。

最後は急制動。ここもなんとか速度も出せてとまれた。
で、最後に発着点にもどってニュートラル入れてエンジン切って、後方確認して降車する。

で、ここで試験官の講評を聞くことに。
安全確認はきちんとできていたそうです。車でもしっかりしてくださいねと言われました。
エンストのことを言われました。普通はあの状態だと転倒してしまうことが多いそうで、対応が良かったですと言われました。でも減点ですけどね。
急制動でやっぱりフロントのブレーキが強すぎるからそのへん練習してくださいねとも。
一発退場ではなかったので詳細の採点するんでロビーで待っていてくださいと言われました。

16:30ぐらいから教室に集められて結果発表〜。名前呼ばれなかった人は不合格です。
と言われてドキドキしましたが、教室呼ばれた人は実は全員合格でした。
ドキドキしたでしょ。簡単に言ったら面白く無いじゃん。と教官のささやかなイタズラを受けつつ無事に、卒業証書を受け取りました。

よかったよかった。通算すると2週間で卒業です。
あとは、試験場に行くだけです。
posted by るしふぁ。 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月06日

バイク教習〜13日目〜

バイク教習、13日目。今日で教習終わりです。
2時間連続の第二段階、7時間目、8時間目です。

7時間目、検定コースの走行で、課題の練習。
最後のほうで、なんとか 40km 出せるようになって来ました。
スラロームは相変わらず、ギリギリライン。
一本道はもう少し早くてもいいよって言われた。17秒で渡ってたらしい。
そんなこんなで1時間終わり。

次の時間8時間目、検定コース走りつつ課題の見極め。教習の最終回です。
まあ、コースも合図のタイミングもバッチリ。
あとは課題だけ。急制動で、前ブレーキの比率が高すぎると言われた。
フロントサスが沈みすぎてるねって言われたよ。
急制動のブレーキはぐっと後をかけてそれから前ブレーキを効かせるという感じらしい。
自分は初めから前を強くかけすぎてるらしい。とりあえず急制動の練習を何回か繰り返していた。
そんなこんなでしたが、教習は無事クリアになりました。
あとは、検定だけです。

posted by るしふぁ。 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月03日

バイク教習〜12日目〜

バイクの教習。12日目。
第二段階、6時間目。今日は1時間だけ。

もう検定前なのでひたすら練習あるのみということで、検定コースを走ります。
まあ、課題はほとんど走れるようになってるんだけど、スラロームと急制動が問題かも。
急制動速度が…40km に達しない。35kmぐらい、もう少しなんだけどなぁ。
スラロームもなんとか8秒以下で走れるけど7秒切れない。アクセルを開けられないんだなぁ。
うーん。検定コース2週走ったら時間切れでした。
順調に走れて3週回れるかどうかということころですね。

まあ、順調に進んで今日入れてあと3時間で終わりです。
posted by るしふぁ。 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月29日

バイク教習〜11日目〜

バイク教習11日目は、2時間連続のセット教習。
第二段階、5時間目。車免許持ってるんで学科免除なんですが、唯一の学科とのセット教習です。

この時間はシミュレーター教習です。
シミュレーターは危険予測です。学科もそれに準じた内容でした。
だいたい走ってると、ここできそうだな。と思う所でやっぱり何かあるんですね。
シミュレーターで勝手が違うといってしまえばそれまでですが、あの車は曲がると思っていた車に、思いっきり追突してしまいました。

道を譲ってくれたトラックの脇から1台は見えていたので待ったけど2台目のバイクが来るとは思わなかったというヒヤッとした体験とか。
その他いろいろ。ヒヤヒヤたくさんありました。
学科もそのへんの内容。
と、タンデムは免許をとってから1年はダメよ。
高速道路のタンデムは3年ダメだよ。そういえば、高速道路のタンデムは年齢制限もあったな。20歳未満はダメと。

安全に無理のない運転しましょうという内容の学科とシミュレーター教習でした。

posted by るしふぁ。 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月26日

バイク教習〜10日目〜

バイク教習10日目は実車。一時間だけ。
第二段階、4時間目です。

ここから検定コースの練習ばかりになります。
回避で 40km の急制動やったので今日から急制動は 40km へ速度アップ。
まあ、課題の練習になるんだけど検定コースをひたすら走る。
自分はコース覚えてるので合図のタイミングを覚えていくという事にも重点をおいて走ってねと言われました。

とりあえず 40km が出せない。加速が…怖いよ〜。
とりあえず課題は元気にアクセルを開けられない所でした。
だって怖いんだもの。
まあ、教習は先に進みました。
posted by るしふぁ。 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月24日

バイク教習〜9日目〜

今日もバイク教習。今日は一時間だけ。
第二段階、3時間目の内容は回避。

内容は
カーブのオーバースピードで曲がったらどうなるかの体験。
右に回避するか左に回避するかの瞬時の判断。
擬似追突体験。これをやってる間に 40km での急制動を練習。
の3つ。
カーブのオーバースピードは、カーブで決められたラインを15km、20km、25kmで回って回れるかという内容。
で、4週目は自分が回れると思うスピードで回ってねと言われた。
さすがに25kmではセンターラインギリギリまでふくれてしまった。
で、4週目20km ぐらいで回ったらコーナー出口でコーンが置いてあって、曲がり角を抜けたところの障害物の体験がひっそりと準備されていたという。驚いたけどなんとか回避。
曲がり角は速度落とそうね。と回ってから何があるかわからないよという教訓。

瞬間の判断は教官が旗を揚げた色で決められた方向に回避するという内容。
来るとは思っていたけど、左手で右側へ回避の合図を出されて一瞬、左側に行きかけた。
合図が出てから動作を起こすまでタイムラグが出るから車間距離を取らないと判断している間に追突するよという体験。

擬似追突体験は
教官の斜め後ろをついて走って急ブレーキに対応できるかという内容。
急ブレーキに反応しても、やっぱり若干車間が詰まってしまう。なので、これも車間距離はきっちり開けようね。という教訓です。

回避はそんな内容でした。
posted by るしふぁ。 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記